ダイヤが乱れたときに心がけること

Pocket

今朝の関東地方は雪の影響でどこの路線も混んでいましたな~

私は地下鉄と、駅までバスを使うのだけど、バスは武蔵野台地の端を走るので上下に急坂を上ったり下りたりするので雪の日は道路凍結のため運休、なんてたまにあったりする。
まぁ、今日は何とか動いてくれていたので良かったけど。

さて、今日は地下鉄もひどかったのはご存知の通り。
私は東京メトロ有楽町線・副都心線のユーザーなのでどちらが逃げやすいか悩みながら乗ることにしました。
有楽町線と副都心線、どちらがひどいことになっていたかというと、副都心線でした。

有楽町線は新木場まで自分の路線だけなので10両編成を自社のペースで運行すればいいので楽なのだけど、副都心線は渋谷駅で東急線につながるので、どうやってもダイヤに余裕ができない。そして、東急側もメトロ側も行きかう人でごった返し、小竹向原・千川では人があふれる悲しい事態でした。

そんな私は女性専用車の扱いが中止になった一番後ろの車両でぽっかり空いた席に座れたので、ゆっくりと会社に向かうことができました。

ここでわかったこと。
・座りたければ端っこを狙え!
・普段制限しているところは寄り付かないので、こういう時こそ攻める!

でした。まー、これが毎回うまくいくかというと、そうでもないのでやっぱり経験則にはなんるんでしょうけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です